153-1



風を感じて 

ゆっくり 

進みたいものだ 


意外とそれが 

むつかしい